商品情報

t_syouhin

 お取扱い商品

HPbanner01_chukamen_touch2
HPbanner05_kawagyoza
HPbanner02_soba HPbanner07_wantan
HPbanner03_udon HPbanner04_mushimen

free_sample_banner2

 


 

ラーメン・つけ麺・冷やし中華等
   種類豊富に取り揃えております

 当社の麺は、味を主張させすぎず、スープの旨みを引き立たせ、口当たりが滑らかで、のびに強い弾力のあるコシが自慢であります。通常の中華麺以外にも、玉子麺・真空麺・ゴマ入り中華麺・冷し中華麺・無かん水中華麺等、様々な種類の麺の製造を行っております。 大手メーカーの信頼度の高い最高級品の中から特に当社オススメの小麦粉を中心に、生産量の少ない特許製法の施された希少価値の高い小麦粉等を使い分け、細麺・太麺・平麺等100種類以上の中華麺を取り扱っております。生産量の少ない熟成させた小麦粉を当社では確保しており、その特別な小麦粉を配合することにより、麺のうま味と滑らかさを、更に強調させております。 中華麺に使用するかん水も、上品を用いております。日々の麺生地の出来上がりを左右する、ミキシング行程では、製麺技能士(労働大臣認証)が確かな理論を基に、作業を行っております。 製麺技能士が日々生地の状態を確認し温度、湿度等を考慮し各材料の分量を変化させ、高品質を保つ努力をたゆまず続けております。品物にバラツキの出ない大型のミキサーを使用し粉の練り込みを行っております。syouhin_img01色粉は化学合成品ではなく天然素材が原料の物、保存料には酒精(アルコール)を使用しております。(保存料に、大量摂取が制限されているプロピレングリコール[PG]は当社では一切使用しておりません。)製品の優劣を決定します大切な原材料の選定作業にも非常に力を入れております。各材料に於きまして品質と価格のバランスが取れたパフォーマンスの最も高い物を、数々の材料を試し尽くしてきた長年の経験より選び抜き製品を作り上げております。 高品質を保ちながらコストパフォーマンスの優れた製品を豊富に取り揃えております。是非一度、当社の製品をお試し下さいませ。また、ご要望毎に特注品も承ります。材料費以外の開発費用、特注費用等は別途頂いておりません。

 特注品は1注文50玉程度より承らせて頂きます。大量注文による価格の対応もさせて頂きます。 自家製麺は材料コストは大幅に安く上がりますが、その分手間がかかり材料費の代わりとして人件費に経費を裂いていく必要があります。コスト面に於いて機械メーカーの麺1玉あたりの設定金額が実際より高かったり、グラム数を少なく見積もっていたりしますのでご注意下さい。

 自家製麺は機械の細かな清掃まで含めて大変手間暇のかかる作業です。店主様はスープ作りから食材の仕込み、店舗宣伝、人事管理、経理管理等、全ての仕事を日々完璧にこなしていかなければなりません。そこに、製麺作業が加わると全ての面に置いて品質の低下が起こっていく可能性が大きくなります。 中華麺では、自家製麺で手間暇をかけても品質の向上に役立つ事例はあまり多くありません。 各種麺は太さ・縮れ有無・目方を自由に変更可能です。小麦粉の指定にも対応致します。

 使用する機器・材料の組み合わせにより製作可能なサンプルの種類は無限大に広がります。更に、長年の経験から得た知識を持って、アドバイスもさせて頂きます。製麺に必要な様々な機器、各種材料を豊富に取りそろえた当社をぜひ自家製麺工場のようにご利用下さいませ。

お客様と話し合いを重ねながら、ご希望どおりの麺をお作り致します。
どうぞお気軽にご相談下さいませ。_

 

製法について

  説 明
通常 小麦粉だけで仕上げたスタンダードな品物。麺に染みこんだスープと小麦の味を純粋にお楽しみ頂けます。
玉子 玉子の風味がスープと絡みます
グルテン 小麦に含まれるグルテンは麺の弾力とこしを生み出す作用があります。グルテンを増量させると、弾力とこしが増強されます。分量が多すぎると、滑らかさが失われます。
多加水 水分を多くし、滑らかでのどごしの良い、伸びにくい麺に仕上がります。水分が多い分、多少風味が損なわれます。
真空製法  特殊ミキサを用い真空状態で粉を練ることにより、生地の密度が上がり水分を吸収しづらく、伸びにくい麺となります。弾力のあるこしと、滑らかな舌触りも特徴で通常のミキサでは得られない食感です。 脱気を行いすぎると、麺がスープを吸いづらく、スープとの絡みが悪くなり、風味も多少損なわれます。真空ミキサは、機械が高価で、スペースも大きいため自家製麺では導入が困難です。
 代表的な製法の説明を掲載させて頂きました。上記の組み合わせは自由に行うことが可能です。製法はこの他にもございます。状況に応じて提案をさせて頂きたいと思います。
①小麦粉のブレンド
②添加物のブレンド(グルテン以外にも様々な添加物がございますが、 企業秘密の為、申し訳ありませんがご紹介を差し控えさせて頂きます。)
③加水量の増減
④製法の選択(真空製法・ミキシング時間調整・生地の圧延方法等)
⑤太さ選択・縮れ有無例1:通常小麦+グルテン+玉子
(小麦粉の香りを楽しみつつ、スープとの絡みが良いこしの強い麺)例2:通常小麦+多加水+真空製法
(多加水と真空製法により滑らかさがあり、強いこしと弾力を持った伸びにくい麺)
例3:小麦ブレンド[滑らかさとこしを出す配合]+玉子+多加水
(ブレンドにより滑らかさとこしを強調させ、多加水にて更に滑らかさを強調。麺に練り込んだ玉子とスープが絡み良い味わいとなります)
 同じ生地でも、太さの違いや縮れの有無により全く性格の異なった品物が生まれます。太くてこしがあり食べ応えのある麺、同じ生地で細く切って食べると、歯ごたえのない麺になってしまったり、極端な低加水麺だと豚骨用のように細いと美味しいと感じられますが、太く切ると粉っぽくて食べ難いものがあります。スープによっても太さ、縮れが合うかどうか相性がございます。 同じ味のスープという物は一つとしてございませんので、実際に様々な麺をお客様のスープでぜひお試し下さいませ。お客様が作り上げましたラーメンのスープに欠かせない脇役の一つとして貴店様のお力添えになれればと思っております。
 
 

コメントは受け付けていません。

  • お問い合わせ

    yamaguchiya_sidebar_tel2 yamaguchiya_sidebar_toiawase
    yamaguchiya_sidebar_mail
  • 取扱い商品